人は作業を
することで
元気になれる。

OCCUPATIONAL THERAPY 作業療法学科

生きることの意義や価値を見つめ、
ともに歩むことのできる
作業療法士を育成します。

作業療法士ってどんな仕事?

こころや体に病気・障がいを持った方はもとより、日々の生活に不自由さを感じている方々が、
その人らしく生活ができるように、仕事、遊び、日常的な生活など活動(作業)をとおして、
こころとからだを元気にするリハビリテーションの専門家です。こどもから、お年寄りまで人生の
あらゆるステージに関わることができるため、幅広い分野で作業療法士のニーズが高まっています。

活躍のフィールド

医療 病院(身体・精神・発達・高齢期)、クリニックなど
保健・福祉 介護老人保健施設、児童発達支援センター、保健所など
教育 特別支援学校、教育委員会など
その他、
広がる職域
ハローワーク、刑務所、就業・生活支援センターなど

作業療法士になるためのステップ

1年次

リハビリテーション」について、
こころ・からだについて、幅広く学びます。

作業療法の視点・考え方など作業療法の専門性について学びます。
また、基礎科目を学び国家試験に向けたベースを作ります。

2年次

作業療法について
より深く専門性を学びます。

身体と心の評価や治療について深く学び、
臨床での実践につながる知識を身に付けます。

3年次

長期の実習で実践力を高め、
国家試験合格を目指します。

臨床実習を通して、作業療法の技術・実践力を身に付けます。
後期はグループでの学習を中心とし国家試験合格を目指した学習を進めます。

授業紹介

01

作業療法治療学

作業療法士は、多くの疾患を持つ方に治療を提供します。この学科では、疾患の原因、状態、経過などの基礎知識を学び、対象者が持つ能力を最大限生かし、生活を向上させるための理論を学びます。

02

解剖学

解剖学は人体を構成する上で重要な筋肉、神経、骨、関節、内臓などの基礎的な知識の習得を目的にしています。講義では人体模型を使用し、とてもわかりやすい内容になっています。

03

精神障がい治療学

人の心を理解し、よりよい関係性をつくっていくために必要な基本的な知識から、さまざまな精神症状の背景にある心の声に耳を傾ける視点を学びます。

04

日常生活活動学

病気や障がいによって生活が困難になった人が「再び自分の力で行える」ように、動作の改善や道具の工夫、環境面の調整を行うなど、その人に合わせた治療方法を体験も交えながら学びます。

作業療法学科が選ばれる理由

Point 01

確実な「作業療法士」
国家資格の取得

1年次から充実した国家試験対策で
サポートを行います。
2年連続(R1年度、R2年度)国家試験合格
100%達成しています!

Point 02

専門実践教育訓練給付金の
支給対象に指定

専門実践教育訓練給付金の支給対象となる
厚生労働大臣指定講座に指定されています。

詳しくはこちら
Point 03

世界作業療法士連盟
(WFOT)の認定校

豊富な学外実習時間、1年次から地域での実習を実施。
当学院はWFOTが認めた作業療法士育成カリキュラムの
国際基準をクリアした養成施設として認可されています。

詳しくはこちら

就職実績