フリーダイヤルフリーダイヤル
0120-635-636

作業療法学科

人の生活を捉える作業療法は、科学であり芸術です。幅広い視点を養うため、多角的なカリキュラムで徹底したセラピスト教育を目指します。また、医学知識を基盤とした講義・演習を行い、自らの豊かな発想を交えながら治療技術を組み立てる作業療法の手法を学びます。

  • 作業療法治療学

    作業療法治療学

    作業療法士は、多くの疾患を持つ方に治療を提供します。この学科では、疾患の原因、状態、経過などの基礎知識を学び、対象者が持つ能力を最大限生かし、生活を向上させるための理論を学びます。

  • 解剖学1

    解剖学1

    解剖学は人体を構成する上で重要な筋肉、神経、骨、関節、内臓などの基礎的な知識の習得を目的にしています。講義では人体模型を使用し、とてもわかりやすい内容になっています。

  • 精神障がい治療学

    精神障がい治療学

    人の心を理解し、よりよい関係性をつくっていくために必要な基本的な知識から、さまざまな精神症状の背景にある心の声に耳を傾ける視点を学びます。

  • 解剖学2(脈管・神経)

    解剖学2(脈管・神経)

    人が作業することは、脳と身体の複雑なシステムで成り立っています。障がいを持つ人がその人らしく暮らすためにどんな援助が必要かを学びます。

  • 地域作業療法学概論

    地域作業療法学概論

    病院を退院した方は、それぞれ家庭や仕事の現場に戻ります。さまざまな障がいを疑似体験し、地域の中で生活するアプローチ法を考えます。

  • 作業療法評価学

    作業療法評価学

    対象者に寄り添いながら、身体・精神・脳機能などの評価を通して、対象者の状況を把握するだけでなく、可能性や本人の希望を導き出します。

PAGE TOP