フリーダイヤルフリーダイヤル
0120-635-636

講師インタビュー

作業療法学科(OT)講師インタビュー

内田智子先生

作業療法学科 内田智子先生 Teachers Voice

ご専門はなんですか?

様々な分野を行ってきましたが、主に身体障害の作業療法です。

もともと作業療法士になりたいと思ったきっかけは何でしたか?

高校3年の頃、教員になろうかと漠然と考えていましたが、そんな時に医療器械メーカーに勤めていた父が作業療法士を勧めてくれました。早速作業療法の現場にも見学に連れて行ってくれたおかげで、作業療法士になろうと決心しました。

作業療法士になってよかったと思うことはありますか?

作業療法士になってからは、いろんな施設で仕事をしました。作業療法士の活躍できる場所は多く、精神科や内科、老人保健施設などに行きました。
機能を回復させるために一生懸命頑張っている患者さんや応援するスタッフの方を見ていると、はやり自分も患者さんの為に頑張ろうと思えます。
リハビリテーションは、決まった方法を患者さんに押し付けるのではなく、患者さんの気持ちや状況を汲み取り、いろんな方向から物事を考えることが大切です。
結果的に、患者さんの気持ちに寄り添うことによって、自分も成長できたことが嬉しいと思っています。

作業療法士になって辛かったことはありますか?

特に辛かったことはありません。
ただ、私が作業療法士になった頃は、「リハビリテーション」という言葉もあまり理解されていなかった時代ですし、ましてや作業療法士になんてもっと「どんなことするの?」と思われている頃だったので、医療現場のスタッフに「作業寮法を行うことは治療的効果があるんだ」と分かってもらうことに苦労しました。

どんな教育を目指していますか?

作業療法士になるための勉強はきちんと教え、国家試験に合格してもらいたいと思っています。でも、合格することがゴールだと就職してから医療現場では対応できないことが多いのも事実です。いろんな施設がありますし、いろんな状態のいろんな患者さんがおられますから、知識だけだと対応できなくなります。
私は長リハ在学中にできるだけ、作業療法士としてだけではなく、「人間として患者さんの気持ちに寄り添えること」をしっかりと教えたいと思っています。

リハビリ業界を目指す方にメッセージ

リハビリテーションはこれから需要がある業界です。また作業療法は、リハビリの中でも、食事や家事、運動など生活に密着した機能を回復・維持させる仕事ですので、患者さんの「生きる喜び」をお手伝いできる仕事だと思います。

一生涯、人の役に立っていくことができるこの仕事は本当に素晴らしいと思いますので、ぜひ興味を持った方は、トライしてみてほしいと思います。

また、女性の方も、「女性だからできない、むずかしそう」といったことはありません。むしろ食事や家事などの生活の適応能力を回復する際には、普段家事に携わることがある女性は、患者さんの動きや気持ちが理解しやすいこともあるくらいです。私個人的には、ぜひ女性の方に、リハビリ業界特に作業療法士はおススメしたいです。

保護者の方へのメッセージ

理学療法士や言語聴覚士などリハビリテーションの職種も色々あります。また介護福祉士や柔道整体士などいろんな資格を聞かれると思います。
それぞれ素晴らしい仕事なのですが、その中でも私は作業療法士を選びました。
作業療法士は、食事や家事などの生活、仕事などの社会活動、運動能力の回復・維持を促すために医師や看護師と連携して医療活動を行います。時には、義肢や義足・車椅子など福祉用具をメーカーさんと共に開発したり、バリアフリーなどの住宅改修に携わったりすることもあり、活躍できる場所はどんどん広がっています。

女性の立場としても、作業療法士はおススメしたいと思います。私自身も、作業療法士としてこれまで女性だからできなかった事もありませんでしたし、女性だから待遇がよくないという経験もありません。家庭を持っても夜勤がない仕事なので勤務を続けやすかったことも助かりました。
ぜひ、お子様が将来を迷われているようでしたら、作業療法士を選択の一つに入れて考えてみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP