フリーダイヤルフリーダイヤル
0120-635-636

講師インタビュー

作業療法学科(OT)講師インタビュー

田中剛先生

作業療法学科 田中剛先生 Teachers Voice

作業療法士としての専門分野を教えて下さい。

作業療法 身体障害領域です。

リハビリ業界に携わったキッカケはなんですか?

進路を考えている当時、漠然と大学進学ということを考えていましたが、父や母が仕事で手の病気を患ったり、痛みを訴えたりすることが多く、何か自分にできることはないかという思いで作業療法士という仕事を選択しました。

作業療法士になってよかったと思うことは何ですか?

「出逢い」が多いことが作業療法士になってよかったと思うことです。
この仕事をしていると嘘と言われることが多いですが、私は人見知りをしやすい性格です。

しかし、この仕事をしていると自分のことより他人のことを重視している自分がそこにはいて、「何ができるか」「何に困っているか」「どう考えているか」などと思っているうちに自然と人見知りという気持ちはなくなっています。ヒトとしても大きく成長できる仕事です。

患者様やその家族、周りのスタッフ、そして学生や講師陣との出逢い。
多くの素晴らしい出逢いがこの仕事にはあります。

逆に、作業療法士になって辛かった事はありますか?

辛いことなんてないと言いたいところですが、出逢いがあれば別れもあります。

長崎リハビリテーション学院でどんな教育を目指しておられますか?

些細なことでも相談ができ、自分のことも他人のことも考えることのできる優しさのある学生を育て、学生の立場になって共に考えることのできる教育を目指しています。

楽しいときも嬉しいときも、辛いときも悲しいときも共有できる教員でありたいです。

これからリハビリ業界を目指す方へメッセージをお願いします。

作業療法士は万能な人間ではありません。
器用な人しかできないというわけでもありません。
この業界で働く上で大切なことはいかに自分を知り、ヒトにどれだけ寄り添えるかだと思います。

一緒に作業療法の魅力を感じましょう!そして対象者の「今」と「これから」の支えとなることのできる自分らしい作業療法士を目指していきましょう!

これからリハビリ業界を目指す方の「保護者」へのメッセージをお願いします。

学院HPを見ていただきありがとうございます。

今日、高齢化社会がどんどん進んでいる世の中です。

その中で、病院で長く入院や治療をするのではなく、「住み慣れた」家や地域に戻り、病気になる前の環境で「一生安全に、生き生きと」暮らしながら治療や生活をするようにと国の方針も変わってきています。そこで、医療から生活の支援までを総合的にサポートしていくのが作業療法士という仕事です。さらに、ヒトはそれぞれに「その人にとって意味のある生活行為」を遂行することで、満足感や充実感・達成感を得て、健康・元気であるということを実感しています。ここを対象者の方と共に見出していくのも作業療法士の仕事です。

作業療法士への期待は大いに高まってきているのが現状です。それに伴って、作業療法士の必要性は高まり、専門性はより深みを増し、幅広くなることが予測されます。皆様のご子息様が高等学校を卒業し専門学校を卒業する頃にはまさに直面する時代にさしかかろうとしています。ご子息様の世代がこの業界では必要となり、社会の中心として支え働くことのできる仕事だと思います。

もしよろしければオープンキャンパスなどにご本人様と参加されて、作業療法士について考えていただれば幸いです。

PAGE TOP