フリーダイヤルフリーダイヤル
0120-635-636

講師インタビュー

理学療法学科一部(PT1)講師インタビュー

大平真祐子先生

理学療法学科一部 大平真祐子先生 Teachers Voice

リハビリ業界に携わったきっかけはなんでしたか?エピソードがあれば教えてください。

高校3年生で進路に悩んだとき、「人と関わる仕事がしたい」「人の役に立ちたい」と漠然と考えていました。そこで理学療法士という仕事を知り、興味を持ったのがきっかけです。
本学院の夜間部へ進学したため、昼間にリハビリ助手として働く中で実際のリハビリという仕事について知っていきました。

理学療法士になって良かったと思ったことはどんなことでしたか?

理学療法士になった当初は先輩方と比べて自分のリハビリに自信が無く、「わたしが担当じゃなかったらもっと綺麗に歩けていたかもしれない」と悩んでいたとき、「あなたが担当で良かった」という言葉を頂いたことがありました。未熟だったわたしにはもったいない言葉でしたが、人と人の関わりが深い仕事だと改めて実感し、理学療法士になって良かった、もっと頑張ろうと思えた出来事でした。

理学療法士になって辛いと思ったことはありましたか?

患者様との永遠の別れはいつでも辛いです。

講師としてどんな教育を目指していますか?

何でも気軽に話しかけやすい雰囲気作りを心がけ、学生が1人で悩まないように、そして楽しく学べるようにと考えています。
また、将来、理学療法士になったとき、自分の仕事に誇りを持って楽しく働いて欲しいと思っています。技術や知識面だけではなく、理学療法士のやりがいや楽しさ、難しさなど、学生が目指している「理学療法士という仕事」について伝えられるような授業を心がけたいです。

これからリハビリ業界を目指す方へメッセージをお願いします。

理学療法士として働いていると、多くの出会いがあります。「今まで出来ていたことが出来なくなった方」「一度出来なくなったことが再び出来るようになる方」「それを近くで見てきたご家族」「一生懸命向き合って回復を手助けするスタッフ」、必ず前向きな出会いばかりではなく、とても考えさせられることの多い仕事です。しかしその分、共に感動することも多く、やりがいの大きい仕事だと思っています。
少しでもリハビリに興味がある方はうちの学院へ足を運んでみてください~(*^ ^*)

これからリハビリ業界を目指す方の保護者へのメッセージをお願いします。

リハビリの勉強には専門的な分野が多く、簡単とは言い切れませんが、難しすぎるということもないと思っています。高校生までの勉強内容とは異なるため、学生にとっては悩む事や苦労する事も多くあると思います。
もし弱音を吐いていても、ゆっくり話を聞いてサポートして下さると嬉しいです。

PAGE TOP