フリーダイヤルフリーダイヤル
0120-635-636

講師インタビュー

理学療法学科二部(PT2)講師インタビュー

小谷泉先生

理学療法学科二部 小谷泉先生 Teachers Voice

理学療法士としての専門分野はなんですか?

中枢神経障害系理学療法学、地域理学療法学です。

リハビリ業界に携わったキッカケ・エピソードを教えて下さい。

私が中学校の時に障害者施設にボランティアに行きましたが、中には体の機能が少しずつ悪くなっていく方と関わる中で、
体のことに関しては何もしてあげれないつらさがあり、このような方に理学療法士になって少しでも体を良くしてあげたいと思ってこの道を選びました。

理学療法士になって良かったと思うキッカケ・エピソードはありますか?

畑仕事をしながら毎日、家族と楽しく過ごしていた方が突然、脳卒中になり、右手足がまったく動かなくなられた方を担当しました。
大切にされていた畑まで歩いて行けることを目標にその方にとってベストな理学療法プログラムを考えて実施し、一本杖を使って、畑まで歩いて行くことができるようになられました。

その方の笑顔がとても素敵でした。

効果を喜んでもらえ、「ありがとう。先生のおかげです。」と言って下さったことが一番嬉しかったです。

理学療法士になって辛かったキッカケ・エピソードを教えて下さい。

良くなる場面だけに立ち会えるわけではなく、関わる方の中には癌の病気で悪くなり、亡くなられた方もいらっしゃいました。とても辛かったです。

癌を患っている方に対して最後まで自分らしく過ごすことができるように理学療法で痛みを和らげたり、相手の訴えに耳を傾け、共感しながら支援しました。

その方は望みどおり、住み慣れた自宅で最期を迎えることができました。

相手の方の人生の一部を共有させていただき、関わる中でいろいろなことを教えていただきました。
とても素晴らしい仕事だと改めて感じました。

長崎リハビリテーション学院で、どんな教育を目指しておられますか?

責任の重さも大きいですが、素晴らしい仕事であることを学生さんに伝えていきたいと思っています。

確かな技術と豊かな人間性を兼ね備えた理学療法士、病院・施設や患者様から選ばれる理学療法士の育成を目指しています。

これからリハビリ業界を目指す方へメッセージをお願いします。

希望に満ちた笑顔にたくさん出会うことができるのがこの仕事の魅力です。

患者様からいろいろなことを学び、自分自身の成長にもつながりますよ!

こんなに素晴らしい仕事は他にはないですよ!

これからリハビリ業界を目指す方の「保護者」へのメッセージをお願いします。

この職種がなくなることはありません。

自分自身の頑張りが患者様の回復につながりますので、常にやりがいや喜びを感じながら働くことができる素晴らしい職業です。

PAGE TOP