フリーダイヤルフリーダイヤル
0120-635-636

講師インタビュー

理学療法学科一部(PT1)講師インタビュー

加治俊文先生

理学療法学科一部 加治俊文先生 Teachers Voice

理学療法士としての専門分野はなんですか?

基礎理学療法です。

理学療法士なろうと思ったキッカケはなんですか?

もともと、医療に関心があり、医療関係の職に就きたいと思っていました。

何にするか迷っていた時に、親戚の叔母より、知り合いに理学療法士をしている人がいるからと言われ、見学に行ったのが最初のきっかけです。

理学療法士になって良かったことを教えて下さい。

理学療法士が一人の職場に就職して、すべて一人でしないといけない状況でした。

会議等もあり治療時間も十分とれない中でも、患者さんが自分の時間が空くまで待っていてくれていました。そのようなことから自分を頼りにしてくれる患者さんがいるという思いから、この職業のやりがいを強く感じ理学療法士になって良かったと思いました。

理学療法士になって辛かった事はありますか?

患者さんとの別れです。

長く担当していた患者さんとなると家族とも仲良くなり、家族のようなものになっていきます。

その中でどうしても死の別れというものがあります。その際に辛さを感じます。

長崎リハビリテーション学院で、どんな教育を目指しておられますか?

理学療法の楽しさ、やりがい、魅力を伝えていきたいと思います。

これからリハビリ業界を目指す方へメッセージをお願いします。

理学療法士の活躍する職域は広くなっています、きっと自分にあった職域がありますよ。

これからリハビリ業界を目指す方の保護者へメッセージをお願いします。

理学療法士は国家資格であり社会的にも安定しています。また、男女問わず長く続けられる職業です。

PAGE TOP