フリーダイヤルフリーダイヤル
0120-635-636

講師インタビュー

言語療法学科(ST)講師インタビュー

藤田明子先生

言語療法学科 藤田明子先生 Teachers Voice

藤田先生がリハビリ業界に携わることになられたキッカケを教えて下さい。

短期大学卒業後歯科助手として働いていましたが、特に資格はもっておらず、継続して働くことができるか不安がありました。

何らかの資格を取得したうえで働きたいと思い、高校時代の恩師に相談したところリハビリの仕事を勧められました。

それまではリハビリの仕事があることすら知りませんでした。

言語聴覚士になってよかったと思われて事を教えて下さい。

基本的な考え方はあるものの、患者さまの疾患・症状・性格・家族構成などによってもリハビリの内容は変えていきます。

患者さまとの関わりの中で試行錯誤しながらリハビリをおこなっていくことで、人とのつながりがより強く感じられます。

言語聴覚士になって辛かったことはありますか?

患者さまから「あの時(脳梗塞で倒れた時)に死ねたら良かったのに・・・。」ということばを聞いた時に、障がいを受け入れざるを得ない苦しみを目の当たりにしました。

この仕事の責任の重さに改めて気づかされました。
ちなみにその方は、今でもリハビリは続けられています。

長崎リハビリテーション学院でどんな教育を目指しておられますか?

日々の勉強に取り組んでもらうことはもちろん、自分の思うようにならなかった時に、「ではどうすればいいのか?」と考えて実際に行動に移していけるようになってほしいと思っています。

患者さまを支えていく立場になる者としての強さも身につけてほしいです。

これからリハビリ業界を目指す方へメッセージをお願いします。

どのような仕事であっても人の役に立つものであると思います。

リハビリの仕事では直接患者さまと接することで、より人の役に立てることが実感しやすいのではないかと思います。

医療の勉強をすることで、自分自身の身体・心への興味・関心も深まっていくことと思います。

これからリハビリ業界を目指す方の「保護者」へのメッセージをお願いします。

私自身は高校卒業時に全く進路のことを考えておらず、何となく短期大学に進学し、何となく歯科医院に就職しました。

給与面のことは考えておらず、将来的な不安を感じることになりました。

今は高校でも進路指導は充実してきていると思いますが、子どもさんと進路についてじっくり話す機会は、ぜひもってほしいと思います。

PAGE TOP