フリーダイヤルフリーダイヤル
0120-635-636

講師インタビュー

理学療法学科二部(PT2)講師インタビュー

福田健一先生

理学療法学科二部 福田健一先生 Teachers Voice

理学療法士としての専門分野はなんですか?

整形外科分野です。
以前勤めていた職場で入院患者様だけでなく、年齢にかかわらず外来の患者様も担当することが多かったため、筋肉の触診、リリースなどを勉強していました。
最近では男性の更年期障害について興味を持ち始めているところで、現在勉強中です!

理学療法士になろうと思ったキッカケはなんですか?

以前は介護士として介護施設で働いていており、理学療法士の先生とも一緒に働いていました。
実際に理学療法士の仕事を目の当たりにし、「自分もリハビリをしてみたい!」と思ったのがキッカケです。

理学療法士になって良かったことを教えてください。

やはりリハビリを行ったことっで、「できないことができるようになった」、「痛みがとれた」、「楽になった」と患者様から言っていただいた時が理学療法士になってよかったと思う時です。

理学療法士になって辛かった事はありますか?

患者さんとの別れは一番辛いです。
患者様にとっては体が良くなって、退院ができることは良いことなのですが、長く携わった方であればあるほど辛いです。

長崎リハビリテーション学院で、どんな教育を目指しておられますか?

まだ教員として1年目ですので、今自分ができること、学生さんに対して何をすればベストなのかを考えながら教育に当たりたいです。
できればより現場、臨床に近い学習を提供できればと考えています。

これからリハビリ業界を目指す方へメッセージをお願いします。

自分がしたことで相手に喜んでもらえる、その声を直に聞ける仕事というのはそうあることでなく、それが実現できる仕事だと思っています。
学ぶべきことはたくさんあり、難しいところもあるかもしれませんが、学んだことが将来誰かの人生に関わることができます。
一緒に頑張りましょう!!

これからリハビリ業界を目指す方の保護者へメッセージをお願いします。

長崎リハビリテーション学院で学んだ時間というのは、人が成長できる時間であると考えています。
その時間を共有できることは大変光栄に思います。
また、その貴重な時間が無駄にならないよう最大限お手伝いさせていただきます。

PAGE TOP