フリーダイヤルフリーダイヤル
0120-635-636

講師インタビュー

理学療法学科二部(PT2)講師インタビュー

森健次郎先生

理学療法学科二部 森健次郎先生 Teachers Voice

理学療法士としての専門分野はなんですか?

専門というとおこがましいですが、関心がある分野は、中枢神経系理学療法学、疼痛学、物理療法学です。

理学療法士になろうと思ったキッカケはなんですか?

正直なことをいうと成り行きでした。しかし、養成校に入学後、臨床実習を通して理学療法士の先輩方に指導していただくうちに、理学療法士になりたいという想いが強くなりました。

理学療法士になって良かったことを教えてください。

臨床場面での理学療法士はさまざまな疾患をお持ちの患者様がいます。その中で、相手のために何ができるか、何をしてあげるべきかなどを考えられるようになったことかとおもいます。

理学療法士になって辛かった事はありますか?

正直辛かったことはありません。しかし、大変なことは多くあります。その時は、自分が今やっていることは将来的に理学療法の発展に少しでも寄与しないか、してほしいとおもいながらやっています。

長崎リハビリテーション学院で、どんな教育を目指しておられますか?

理学療法士のやりがいなど伝えていきたいです。皆さんと率直にディスカッションを重ねながら一緒に成長していきたいとおもっています。

これからリハビリ業界を目指す方へメッセージをお願いします。

理学療法士という仕事はとてもやりがいがあり、患者様をはじめ多くの方々に喜んでいただける仕事です。理学療法士が活躍できる分野は幅広く、きっとやりたいことが見つかるとおもいます。ともに頑張りましょう。

これからリハビリ業界を目指す方の保護者へメッセージをお願いします。

ご子息・ご息女を案じる気持ちもあるかとおもいます。どんな仕事もそうだとおもいますが、理学療法士になるまでの道は決して楽ではありません。当然私も簡単な道ではありませんでした。苦労されることもあるかもしれませんが、そのときはご子息・ご息女のサポートを保護者さまと一緒にさせていただきたいとおもいます。
よろしくお願いいたします。

PAGE TOP