フリーダイヤルフリーダイヤル
0120-635-636

講師インタビュー

理学療法学科一部(PT1)講師インタビュー

早井あかね先生

理学療法学科一部 早井あかね先生 Teachers Voice

理学療法士としての専門分野はなんですか?

資格取得後、通所リハビリテーション併設の医療機関に勤務をしていましたので、維持期・介護保険領域でしょうか。

理学療法士になろうと思ったキッカケはなんですか?

友人の紹介です。

理学療法士になって良かったことを教えてください。

患者さまから「ありがとう」という声かけをしていただいた時や笑顔が見れた時はとても嬉しいです。

理学療法士になって辛かった事はありますか?

辛かったことは、患者さまとのお別れでしょうか。あとは、勉強や実習、患者さまと接する中でリアルタイムで悩んだり、悲しくなったり、悔しかったりという気持ちはあったと思います。それも今ではよい思い出です。

長崎リハビリテーション学院で、どんな教育を目指しておられますか?

学生さんと同じ時間を共有しながら、一緒に成長していけたらと思います。あとは学生さんたちの笑顔がたくさん見れるように、サポートをしていきたいです。

これからリハビリ業界を目指す方へメッセージをお願いします。

医療職のイメージとしては、勉強が難しそう、大変だとの印象をお持ちだと思います。もちろんその印象は合っております。ただ、誰でもスタートラインは同じです。何も分からないところから、同級生・先輩・後輩、学校職員、臨床の先生方などたくさんの人と出会い、たくさんの知識や技術を吸収し、自身が理想とするセラピストに成長してほしいと思います。まずは1歩、一緒に進んで行きましょう。

これからリハビリ業界を目指す方の保護者へメッセージをお願いします。

リハビリ業界に進む中で、今後も勉強や実習、国家試験、他者とのコミュニケーションなどたくさんの壁にぶつかることがあります。しかしそれを乗り越えた喜びや自信が、ご子息・ご息女の成長に繋がっていきます。そのサポートを保護者さまと一緒にさせていただければ幸いです。

PAGE TOP