フリーダイヤルフリーダイヤル
0120-635-636

講師インタビュー

理学療法学科一部(PT1)講師インタビュー

中本貴大先生

理学療法学科一部 中本貴大先生 Teachers Voice

理学療法士としての専門分野は何ですか?

運動器リハビリテーション領域(人工関節や骨粗鬆症など整形外科領域)、物理療法学です。

理学療法士になろうと思ったきっかけはなんですか?

高校生の頃にスポーツでケガをしてしまい、リハビリを受けました。その時に理学療法士の方に治療をしていただき痛みが和らぎ、またスポーツをできるようになりました。すごく頼りがいのある存在に思えて、自分もこんな仕事してみたいなと思ったのがきっかけです。

理学療法士になって良かったことを教えてください。

様々な症状を抱えた患者様の状態が治療していく中で良くなっていく姿を見ると、この仕事を選んでよかったなと思います。また、毎日いろんな患者様と触れることで知識・技術だけでなく多くのことを学べて、毎日新しいことが発見できることがこの仕事の魅力かなと思います。

理学療法士になってつらかった事はありますか?

担当していた患者様との別れや、思うような結果が出せなかった時はとてもつらいです。

長崎リハビリテーション学院で、どんな教育を目指しておられますか?

講義は真剣に取り組むことは大前提ですが、ただ話を聞くだけでなく自らが積極的に講義に参加できる楽しい教育を考えています。将来、この仕事に責任と誇りを持って働いてくれるいい人材を教育していきたいと思っています。

これからリハビリ業界を目指す方へメッセージをお願いします。

理学療法士の仕事はいつも刺激が多くとても面白いです。リハビリにも様々な分野があって自分を極めていくことができます。人生は一度きり・・・是非、一緒に理学療法士を目指してみませんか?

これからリハビリ業界を目指す方の保護者様へメッセージをお願いします。

高齢化社会が加速している今、理学療法士は様々な分野で関わりを持っており、多くの需要があります。私たち理学療法士は自分の手を使って治療していきます。この技術は他人に真似できず生涯の武器となります。だからこそこの仕事に責任と誇りももって働くことができるのだと思っています。是非、進路にお悩みのときはご相談ください。

PAGE TOP