フリーダイヤルフリーダイヤル
0120-635-636

学費/学院独自の減免制度一覧

1.学費

理学療法士学校養成施設指定規則改正に伴うカリキュラムの改正を行い、理学療法学科二部の学納金が変更になりました。
3年間にかかる学納金の合計金額は据え置きとし、昼間部と同額です。

【必須取得単位が増加したことに対しての理学療法学科二部の変更点】
  • ・1単位当たりの受講料の変更(減額)
  • ・年間登録料の変更(減額)
【学納金3年間の合計金額】

理学療法学科一部、言語療法学科,作業療法学科 ¥3,650,000円
理学療法学科二部 ¥3,650,000円

(昼間部) 学科 入学金
(入学時のみ)
学年 授業料 施設設備費
理学療法学科一部 200,000円 1~3年生 475,000円(前期) 200,000円
475,000円(後期)
言語療法学科 200,000円 1~3年生 475,000円(前期) 200,000円
475,000円(後期)
作業療法学科 200,000円 1~3年生 475,000円(前期) 200,000円
475,000円(後期)
(夜間部) 学科 入学金
(入学時のみ)
登録料
(年間)
年次 受講料 施設設備費
理学療法学科二部
(単位制)
50,000円 1,000円 1年次 567,000円(21単位) 200,000円
594,000円(22単位)
1,000円 2年次 567,000円(21単位) 200,000円
567,000円(21単位)
1,000円 3年次 351,000円(13単位) 200,000円
351,000円(13単位)

     

  • ※理学療法学科二部の学納金はは最短3年で111単位全てを受講し卒業するときのモデルケースです。(2020年度以降)
         
  • ※受講料は¥27,000/1単位となります。(2020年度以降)
         
  • ※理学療法学科二部の施設設備費は、最大3年間、入学後原則3年での納入となります。
    (ただし、履修登録がない場合は納入の必要はありません。)
  • 2.学院独自の減免制度
     (1)特待生制度  
    ◆特待生選抜試験の成績上位者を対象に授業料を一部免除する減免制度です。
     【全学科】前期・後期授業料の一部免除

     (2)大学入学共通テスト利用入学試験減免制度 
    ◆大学入学共通テスト利用入学試験の合格者に対し
     【理学(一部)・言語・作業】1年次施設設備費の20万円(入学金相当額)を免除
     【理学(二部)】1年次施設設備費の5万円(入学金相当額)を免除
        

     (3)長崎県離島奨学金制度 
    ◆長崎県離島および離島に準ずる地域にお住まいの方に対し
     【理学(一部)・言語・作業】1年次施設設備費の20万円(入学金相当額)を免除
     【理学(二部)】1年次施設設備費の5万円(入学金相当額)を免除

     (4)県外遠隔地奨学金制度
    ◆長崎県以外の地域にお住まいの方に対し
     【理学(一部)・言語・作業】1年次施設設備費の20万円(入学金相当額)を免除
     【理学(二部)】1年次施設設備費の5万円(入学金相当額)を免除

     (5)ファミリーサポート制度 
    ◆本学院の在校生及び卒業生に、親・子・兄弟姉妹・配偶者がいる方に対し
     【理学(一部)・言語・作業】1年次施設設備費の20万円(入学金相当額)を免除
     【理学(二部)】1年次施設設備費の5万円(入学金相当額)を免除

     (6)病院・施設管理者推薦減免制度 
    ◆一般入試および大卒・社会人等入学試験の合格者で、病院または施設の管理的立場にある方の推薦を受けた方に対し
     【理学(一部)・言語・作業】1年次施設設備費の20万円(入学金相当額)を免除
     【理学(二部)】1年次施設設備費の5万円(入学金相当額)を免除
     ※ご希望の場合は出願時に推薦書を提出してください。

     (7)同窓生推薦減免制度 
    ◆一般入試および大卒・社会人等入学試験の合格者で、同窓生(本学院卒業生)が特に推薦する方に対し
     【理学(一部・二部)・言語・作業】1年次施設設備費の5万円を免除
     ※ご希望の場合は出願時に推薦書を提出してください。

    PAGE TOP