建学の精神

向陽学園の建学の精神は、「奉仕」です。これは、社会において自己が支えられていることを深く認識し、支えられている自分が他を支えることであり、そのために自己を支える力を大きくし、より良く生きるという『 活私 』を意味します。


向陽学園は、大正13年より、その教育において一貫してこの「奉仕」の精神を貫き、その言葉に魂を宿してきております。さまざまな外的環境が大きく変化をとげてゆく状況の中にあっても、向陽学園は、その使命と責任を果たすように、建学の精神に立脚した教育活動と経営をこれからも進めてまいります。

向陽学園初代理事長 烏山 武